高岡鋳物で新しいモノのお土産を


富山県高岡市は約400年続くモノづくりの街として知られています。
お土産としても、やはり、モノづくりの街らしく、「モノ」であってほしいと思っていました。ですが、手ごろな価格の高岡モノのお土産があまり、多くありませんでした。そこで、ワンコイン以下で買いやすく、お土産としてもかさばらず、なおかつ、今の高岡を代表する錫鋳物で、なにか新しいお土産をつくれないかと考えました。
錫の特性を活かして、水の中に沈めるもの、、、沈める、、、沈める、、、、そう、このカタチに落ち着いたのです。
詳細は、はんぶんこオリジナル商品「すずテト」の商品ページ

imgp9862s
imgp9934s

そのすずテトを自分の手でつくるワークショップ。


一度に18個作れますので、みんなへのお土産はこのワークショップで作れます。
しかも、その場で持って帰られますので、北陸の旅の最終日に思い出を語りながら、つくるのもよし。
もちろん、お二人で作って、結婚式の引き出物にしてもよし。
自分でつくる新しいお土産のカタチです。

1.まずは「錫のぐい呑みをつくろう」と同じように、砂を込めて型をつくっていきます。
teto1
2.錫を流し込み、冷えて固まるとこうなります。
teto3
3.ひとつの型に18個くっついているので一つひとつ切り離し、磨いて完成です♪
teto4
1200-05

「すずテトをつくろう」


・最大18個:10,000円+税


・製作時間:約2時間〜


・対象年齢は中学生以上の方のご参加をおすすめします。


※製作終了後すぐにお持ち帰りいただけます。
※火曜日、水曜日(1・2月は火曜日〜木曜日)は定休日です。
※3月6日~10日まで店内改装のため、お休みさせていただきます。
※また、原則として当日の参加は受付できませんので、あらかじめご了承ください。
ご予約は前日の17時まで受付をいたします。満席またはイベント等の都合によりご希望の日時にご予約をお受けできないことがあります。ご希望の日時が決まりましたらお早めのご予約をおすすめいたします。

お電話 0766-50-9070 または下記リンクのお申し込みフォームで受付をしております。
→ご予約フォームはこちら