金属をあやつる。木にふれる。
伝統工芸×FABモノづくりの産地を巡る2日間

「高岡の鋳造」、「飛騨の木工」というように、それぞれの土地で育まれたモノづくり文化。
今回のワークショップツアーでは、富山県高岡市で錫のぐい呑みと箸置きをつくり、岐阜県飛騨市で天然木のお箸とトレーをつくって晩酌セットを完成させます。
そしてつくった後には、それぞれの土地で美味しい地酒とお料理を堪能していただきます。

伝統工芸×FAB
伝統工芸にFABマシン(コンピューターで設計されたデータから加工を行えるデジタルファブリケーション機械)を取り入れることで、作品にオリジナリティをプラスすることができます。
新たなモノづくりに取り組む、はんぶんこ×FabCafe HIDAならではのワークショップの内容となっています。

http://hanbunko.org/wp2/wp-content/uploads/2017/07/dm4-873x574.jpg

つくるところ


DAY 1

はんぶんこ 富山県高岡市

ショップ、図書室、図工室があるモノづくりの複合施設。
http://hanbunko.org/

富山県の西部に位置する高岡市では、伝統産業の一つとして鋳造技術が受け継がれており、日本における銅器の生産額の約95%を高岡銅器が占めています。
はんぶんこは高岡や日本各地で生まれた日用品を扱うセレクトショップと高岡の伝統産業である鋳造や螺鈿細工の体験、FABマシン(コンピューターで設計されたデータから加工を行えるデジタルファブリケーション機械)を使った製作ができる図工室、築120年以上の土蔵内図書室+コワーキングスペースを備えた複合施設です。

はんぶんこでつくるもの

ぐい呑み
素材:錫
たっぷり入る錫のぐい呑み。錫はお酒をまろやかにすると言われています。

箸置き
素材:錫
オリジナルのデザインでつくる箸置き。レーザー加工機を使ってオリジナルの原型を作るところから始めます。錫の柔らかい特性を活かしてデザインしましょう。

DAY 2

FabCafe Hida 岐阜県飛騨市古川町

カフェ、デジタルFabと木工のできる工房、宿泊施設が合体した複合施設。
https://www.fabcafe.com/hida/

古川町は飛騨高地の北部に位置し、1000m級の山々がすぐ近くを囲んでいます。豊かな広葉樹、美味しい水と山の恵み、美しい街並みと伝統の組木技術、ものづくり気質に恵まれた土地です。
FabCafe HIDAはFABマシン(コンピューターで設計されたデータから加工を行えるデジタルファブリケーション機械)や木工機械を揃え、地域の木工職人、世界中の建築家、デザイナー、旅人、ものづくりを楽しみたい方など様々なひとが交流できる場です。

FabCafe HIDAでつくるもの


素材:天然広葉樹
手になじむ天然木の箸。自分の持ち方に合わせて削れるので、手との一体感が表現できるお箸です。

トレー
素材:天然広葉樹
天然無垢が美しいフードトレー。鉄媒染という方法を用いて金属で木材を染めます。

http://hanbunko.org/wp2/wp-content/uploads/2017/07/product-800x600.jpg
http://hanbunko.org/wp2/wp-content/uploads/2017/07/plate-800x600.jpg

日程


DAY 1

8月26日(土)
拠点:はんぶんこ (富山県高岡市)

13:00 受付&オリエンテーション
13:30 ①錫のぐい呑みづくり(鋳造):鋳物砂を詰めて型からつくる職人と同じ手順の本格的な鋳造です
②錫の箸置きづくり(鋳造):箸置きをデザインし、レーザー加工機で原型をつくります
16:30 ぐい呑みと箸置きの磨きを行い仕上げ:ピカピカにするも模様をつけるもあなた次第。それぞれの個性が出る最終プロセスです
17:00 食事:土蔵造りの蔵で懇親会自ら作ったぐい呑みでおいしい富山の地酒と料理をお召し上がりください
19:00 高岡山町筋散策:開催当日、土蔵造りフェスタが開催されています
21:00 就寝@ほんまちの家:町家をリノベーションしたゲストハウスです

*はんぶんこのワークショップは、5名ずつ2班に分かれていただき、箸置きとぐい呑みをつくる班が入れ替わります。

とまるところ

ほんまちの家、他
ほんまちの家は高岡にある町家体験型のゲストハウスです。
http://honmachinoie.jp/
※宿泊希望者が9名以上の場合、ほんまちの家+他宿泊場所の二カ所での宿泊になります。

DAY 2

8月27日(日)
拠点:FabCafe Hida (岐阜県飛騨市)

午前中 高岡〜飛騨は各自でご移動をお願いします
13:00 受付&オリエンテーション
13:30 ①お箸作り:広葉樹の特徴やお箸の文化、自分の手に最適な長さなどの講義からスタートし、カンナを使い、本格的な木工であなただけのオリジナルの箸をつくります
15:30 ②トレーづくり:天然広葉樹のトレーに自然素材の塗装で仕上げ
16:00 地元2大酒蔵の地酒試飲と飛騨古川町歩き
18:00 食事:100年以上の歴史を持つ古民家、FabCafe Hidaで飛騨のフレッシュな素材を使った料理をご堪能ください。完成した晩酌セットをつかって地酒の飲み比べをしましょう
21:00 就寝@FabCafe Hida

とまるところ

FabCafe Hida
カフェ、デジタルFabと木工のできる工房、宿泊施設が合体した複合施設。
https://www.fabcafe.com/hida/

http://hanbunko.org/wp2/wp-content/uploads/2017/07/map-450x557.jpg
http://hanbunko.org/wp2/wp-content/uploads/2017/07/dai-450x253.jpg
http://hanbunko.org/wp2/wp-content/uploads/2017/07/18990678431_0c55c61ce7_z-450x253.jpg

定員


先着10名様

 

参加費


大人お一人様 40,000円(外税)4作品2泊2食付き
※お連れのお子様は追加10,000円(外税)0作品2泊2食付きで参加できます。
※幼児は無料になります。中学生以下はお子様料金、中学生以上は大人料金です。
※翌日の高岡から飛騨までの交通費、両日の朝食・昼食代は各自でご用意ください。
※どちらかに在住の方で地元の宿泊が必要でない方は、ご相談ください。

 

お申込方法


Peatixからお申し込みください。
takaokahidacraftdays.peatix.com

 

お申込期限


2017年8月20日まで。
ただし、定員に達した場合はその時点でお申し込み受付を終了させていただきます。

 

お問い合わせ先


株式会社はんぶんこ
TEL 0766-50-9070
メール info@hanbunko.org
富山県高岡市小馬出町63
担当 北

FabCafe Hida
TEL:0577-57-7686
メール: info.hida@fabcafe.com
住所:岐阜県飛騨市古川町弐之町6-17
担当:森口

はんぶんこへのアクセス


【電車】

東京首都圏から:東京駅から北陸新幹線はくたかで約3時間、または、かがやき(臨時便)で最速2時間21分
大阪から:大阪駅からサンダーバード、金沢駅で北陸新幹線つるぎに乗り換えで約3時間
名古屋から:名古屋駅からしらさぎで約3時間12分

【車】

東京首都圏から:練馬ICから高岡ICまで約6時間、または、練馬ICから上信越自動車道経由で高岡ICまで約5時間30分
大阪から:吹田ICから名神高速〜北陸自動車道〜能越自動車道で約4時間
名古屋から:小牧ICから名神高速〜北陸自動車道〜能越自動車道で約3時間30分、または、小牧ICから名神高速〜東海北陸自動車道〜能越自動車道で約2時間40分

はんぶんこから飛騨へのアクセス


【電車】

あいのかぜ鉄道高岡駅から富山駅へ、JR高山本線・猪谷行きに乗り換えて猪谷駅へ。猪谷駅で高山行きに乗り換えて最速2時間12分
または、あいのかぜ鉄道高岡駅から富山駅へ、JR特急ワイドビューひだに乗り換えて最速2時間28分

【車】

ルート①:国道8号線から能越自動車道〜東海北陸自動車道で飛騨清見ICで下車後、県道90号線で飛騨古川へ。約1時間40分
ルート②:小杉IC〜富山IC、国道41号線〜県道75号線で飛騨古川へ。約1時間50分