「お米カイロ」をつくりませんか?


身の回りにあるたくさんの綿製品。はんぶんこが「わたはじめプロジェクト」に参加してから、綿栽培や染色にまつわる様々な問題を知りました。家にあるものを全て安心安全なものに切り替えるのは難しいですが、これから手元に置くものはなるべく人にも自然にもやさしいものにしたいなと思っています。

今年のクリスマスはそんなやさしい素材を使って、これからやってくる雪の日々に自分や家族をほっこりと温めてくれる「お米カイロ」をつくりませんか?
(不器用さん、お裁縫初心者の方でもつくれる簡単なものなのでご安心を)
材料はタオルの産地・愛媛県今治市でつくれられたオーガニックコットンのタオル、わたはじめプロジェクトで栽培された産まれたての和綿、和綿を育てるお米農家・ひえばた園さん(魚津市)のお米、そしてもう着れなくなってしまったけどお気に入りだったお洋服です。
例えオーガニックコットンではなくても、誰かが育てた綿を使ってつくられた布地は大切に使いたいもの。パパのお気に入りだったTシャツや、もうサイズが小さくなってしまった娘さんお気に入りのワンピースなど、思い出が詰まったお洋服を素材の一つにしたいと思います。
また、お米を主食とするわたしたち日本人にとって、お米をカイロにするのはちょっと抵抗があるかもしれませんが、今回使うお米はサイズが小さすぎたりして食用にできない「くず米」を使います。
そのお米をタオルと和綿、着れなくなったお洋服の布地で包みます。電子レンジで約30秒チンすれば、温かいカイロに。(何度も繰り返し使えます)

形は「雪だるま」と「長四角」の2種類。


「雪だるま」は、赤ちゃんの「にぎにぎ」としても使うことができます。何でも口に入れてしまう赤ちゃんでも安全な素材を使うので安心です。
この「雪だるま」、大人がにぎにぎしてもなんだか癒されるポケットサイズのカイロです。
もう一つの「長四角」は、寒い夜に一緒にお布団へ持って行くとほどよく体を温めてくれてよく眠ることができます。アイピローにもなりますよ。

ご近所のCOMMA, COFFEE STANDのコーヒー付きなので、のんびりチクチクタイムをお過ごしください。

また、18日はひえばた園さんをゲストにお迎えして、栽培農家さんの目線から綿について語る「わたはじめトーク」も聞くことができますので、和綿や栽培に興味がある方はぜひ18日にご参加ください!


・12月17日(土)・18日(日)両日とも13:30~


・参加費:雪だるま 2,000円/個、長四角 2,200円/個
(材料、COMMA, COFFEE STANDのドリンク付)


・持ちもの:お裁縫セット(あれば)、お気に入りだったお洋服、手縫いでつくりますがミシンの持ち込みも可


※要予約:当日の午前中まで。席があれば飛び込み参加も可能です。
※保護者同伴であれば小学生以上参加可能です。お二人で1個製作でもOKです。

お電話 0766-50-9070 または下記リンクのお申し込みフォームで受付をしております。
→ご予約フォームはこちら